メンテナンス

天然木家具との上手なつきあいかた

天然木は、その形が家具へと変わっても呼吸をし生きています。
手触りや風合い、使い込む楽しさを味わえるのが天然木の醍醐味です。
だからこそ使い込んでいくうちにできる小割れやキズ、シミさえも味わいの一つになります。
オイル仕上の天然木はメンテナンスがご自分でできるというところも魅力の一つです。

肌触りや風合いを保ち気になるキズやシミのお手入れのために、
年に一回程度メンテナンスをして頂くとよりきれいにご使用できます。
通常のお手入れは柔らかい布巾などで乾拭きして頂くか、水拭きされる場合は固く絞って拭いて下さい。
なるべくランチョンマットやコースターをお使い下さい。
尚、ビニールクロスは木の呼吸を妨げることにより、
反りの原因にもなりますのでお使いにならないようお願いいたします。

反り・割れ

天然木の家具はその周りの湿度やその他の環境によってごくわずかですが、伸び縮みしています。冬場は暖房器具等の利用でお部屋が乾燥しすぎると反りや割れの原因となる場合があります。特に温風や冷風が直接天板に当たらないようにして下さい。また加湿器で湿度を保つと効果的です。反りなどでがたつきが出た場合は、天板と脚部の間に滑り止めゴムを挟んで調節することができます。

シミ・汚れ・傷

da BOSCOの家具はオスモ社製オイル(無公害・植物性)を使用し、より自然な状態で仕上げております。その為、熱いコップや冷たいコップ等水滴の付いたものを長時間放置されますとシミになることもございますのでご注意下さい。 ご飲食時にコースター、ランチョンマットを使うことで予防することができます。

オイルメンテナンス

ご自分でできるオイルメンテナンス

メンテナンスセットの販売もしておりますのでお気軽にお問い合わせ下さい。
【 セット内容 】
・オイル缶
・ウエス(オイル拭き取り用)
・サンドペーパー(#240×1枚/#400×1枚)
・あて木(サンドペーパーを巻付ける為)
・説明書

メンテナンス手順

ウエンジ一枚板

1. サンドペーパーをかける

シミ・汚れの場合はその部分の木目に沿ってサンドペーパー(#400)をかけます。この際一部分だけ集中的にならないよう周囲になじませるようにかけて下さい。細かい傷やざらつきの場合は木目に沿って全体にペーパー(#400)をかけます。

ウエンジ一枚板

2. オイルを塗る

オイルは木目に沿ってウエス(セットに付いています)や柔らかい布で塗り込みます。天板全体に塗られる場合は刷毛で薄く塗ってください。オイルを染み込ませて5分ほどしてからのばすようにオイルが完全になくなるまで十分に拭き取ってください。その後半日ほど乾かしておきます。

《ご注意》
オイルを拭き取ったウエスや布はそのまま放置しないで下さい。オイルの付いたウエスは熱を持ち、自然発火する恐れがあります。広げて乾かすか水に十分浸してから処分してください。

本格的な磨き直しについて(当社でご購入の商品に限ります)

1. 天板片面(オイルフィニッシュ)
¥5,000/m2より
※但し天板の状態により料金が変わりますのでご相談下さい。

2. 天板引取・配達手数料
1m2以下の天板 ¥5,000
1m2以上の天板 ¥10,000
※磨き直し料金に追加されます。

安全に快適にお使いいただくために

・テーブルの上に乗ったりしないでください。倒れて怪我をする危険性があります。
・また、テーブルを移動させる際は必ず二人以上で行って下さい。
・両用脚をご利用の方は別紙説明書を参照してください。
・椅子の上に立ったり、不安定な姿勢で掛けたりしないで下さい。
・倒れて怪我をすることがあります。
・床傷防止フェルト・ガタツキ防止ゴムのご利用方法は別紙説明書を参照して下さい。
・その他ご利用に関してのご質問は販売店までご連絡下さい。